EFTとは?

 

ETF】とは、「Exchange Traded Funds」を略したもので、直訳しますと取引所で取引できるファンド(投資信託)ということになります。

 

一般に投資信託は、投資信託の販売会社が投資家から投資信託を販売することによって資金を集め、その資金を運用する機関に委託して、いろいろな金融商品や不動産に投資をして利益をあげることを目的とした金融商品です。

 

投資をすることによりいつでも損失の危険がありますので元本は保証されないこともあり、また、流通が限られているものでは売却がスムースにいかないこともあります。

 

普通、投資家が投資信託を購入する時には、個々の投資信託は個別に条件が異なりますので目論見書を読んで気に入ったものを販売会社から購入します。また、販売会社は数パーセントの販売手数料をとることが一般的です。

 

これらの投資信託とは異なり、ETFは、上記の販売会社にあたる指定参加者がETFを取引所を通して売却することで流通しています。指定参加者は取引所を通して売却したETFの対価となる資金を運用会社に投資を委ねます。また、運用会社は投資している現物または金銭を信託銀行に信託しますので投資している現物または資金は安全に守られています。

 

ETFは、取引所に上場されている株式と同様な取引が可能な投資信託で取引上は株式の取引と区別することはできません。

 

したがいまして、売買はスムースにできます。また、株式と同様にその価格も日々変動しますし、取引時には手数料もかかります。

 

EFTの特徴は?

ETFの特徴としては、一般に証券会社や銀行で販売されている投資信託との比較がわかりやすいでしょう。

 

最初に、一般の投資信託は、販売会社である証券会社や銀行で購入しますが、ETFは、証券会社の株式取引口座を使って株式と同じように売買します。

 

したがいましてその取引価格も一般の投資信託では日々の基準価格として示されているものがETFでは時々刻々変動しています。

 

注文方法でも一般の投資信託では基準価格があるとは言え購入価格は買った後でないと分かりませんが、ETFでは株式と同様で場の価格が公表されていますし、指値注文(もちろん成り行き注文もできます)もできますので購入価格の透明性は、はるかに高いといえます。

 

また、信用銘柄に指定されているETFでは信用取引を利用することで買いばかりでなく売りから入ることもできますし購入代金の一部を証拠金として預けることで売買できます。

 

購入時あるいは取引時の手数料ですが、一般の投資信託では商品ごとに異なる販売手数料ある一方、ETFでは株式の取引と同様、証券会社によって取引手数料が異なっています。

 

購入に要する費用ですが、一般の投資信託では最低一万円程度からと手軽に購入できるものがありますが、ETFでは、ものによりますが最低でも10万円前後の取引金額になるものが多いようです。

 

株式の配当にあたる信託報酬は、一般の投資信託ではいろいろですがETFより高いものが多いといわれています。またEFT以外には、fxやバイナリーオプションという投資法の人気が上昇しております。

 

また投資信託では今すぐお金が必要になることもあります:お金借りる急ぎで